市販製品で摂取する

MENU
2015/07/20 02:06:20 | 市販製品で摂取する
乳酸菌が次から次と「免役力を高める乳酸菌」とか「腸まで届く植物性乳酸菌」とか余りにも種類が多すぎて選べない。他の乳酸菌とどこが違うの。と言う方がとても多いですね。これからご紹介します話題のプロテクト乳酸菌(SーPT84株)」には大きな特徴が2つあります。“ダブルバリア製法”によって細胞壁が2倍の厚さになり免疫活性成分が壊れにくく腸まで届きしっかり働く。乳酸菌にとっては過酷な31〜41℃の環境(高温培養)で育ち、細胞壁の厚さがさらに厚くなり、免疫活性成分が2倍になっている、など。?ダブルバリア製法”と言うお酒メーカーならではの製法でしょうか? 製法もさることながら、その驚異的な効力が今話題となっ...
2015/07/20 02:05:20 | 市販製品で摂取する
免疫力が人の健康を左右すると言う事はみなさん良く知っていると思います。ですが、老化、若さや長寿など人間の全てに免疫力が影響しているって知っていましたか?免疫力は生きる源なのです。免疫力がなくなると、無菌室以外では生きていけないと言うことになります。それくらいこの免疫力は人にとって重要と言う事ですね。冬になると決まってインフルエンザのニュースが流れますが、インフルエンザにかかる人とかからない人の差はこの免役力の差にあります。免疫力とは、私たちの体を外敵から守ってくれるバリアみたいなものですね。そのNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化してくれることで話題のR-1ヨーグルトは、インフルエンザや風邪予...
2015/07/20 02:03:20 | 市販製品で摂取する
ヤクルトは乳酸菌シロタ株を含む日本生まれの乳酸飲料で、今では世界中で飲まれています。一番愛されている乳酸飲料と言えるのではないでしょうか。あの見慣れた小さなボトルに、乳酸菌シロタ株を150億個含み、ヤクルト400〔ヤクルトレディーが配達する〕と言うボトルには乳酸菌シロタ株が400億個入っているというのですから驚きですね。乳酸菌シロタ株はどのような乳酸菌なのでしょうか?詳しくみていきましょう。乳酸菌シロタ株について乳酸菌 シロタ株は生きて腸まで届く乳酸菌として、おおよそ80年前に代田 稔(しろた みのる)医学博士によりいち早く開発、商品化され今に至ります。その働きは高く評価され特定保健用食品に指...
2015/07/20 02:02:20 | 市販製品で摂取する
生まれたての赤ちゃんは、肌がつやつや、ムチムチ。そんな赤ちゃんの腸の中はビフィズス菌がいっぱいで綺麗そのものです。何ヶ月間は病気もしません。それは母親の抗体が働き免疫力が高いことが大きな理由と考えられます。離乳食が進むにつれ、抗体も無くなり雑菌で汚れた空気にさらされることで風邪を引いたりお腹を壊したりすることが多々あります。このように人は免疫力で守られている事が良くわかりますね免疫機能を高めるプラズマ乳酸菌をご存知ですか?今までの乳酸菌とは違い免疫細胞の司令塔に直接働きかけることで免疫細胞を強くします。その結果、プラズマ乳酸菌を取った人と取らない人とでは、腸の老化に大きく差が出ることがわかって...
2015/07/20 02:01:20 | 市販製品で摂取する
乳酸菌は「体に良いとは聞いてはいるけど何処に良いの?」とか、「ヨーグルトは毎日摂っているけど何処に効いているのかわからない」、とお思いの方沢山いらっしゃると思います。これらが実感できない理由は、あなたが食べている乳酸菌は胃酸や胆汁に負けてしまい腸まで届いていないのでは?実は乳酸菌には2種類あって動物性乳酸菌は腸に届く前に殆どが死んでしまいます。それに比べ植物性乳酸菌は酸に強く、腸まで届いてその力を発揮してくれます。乳酸菌ラブレはこの植物性乳酸菌に属します。ここからは、乳酸菌ラブレについて、どのように体に良いのか、その働きを詳しくみていきましょう。生きたまま腸まで届く乳酸菌に 注目!!乳酸菌が体...
2015/04/21 21:49:21 | 市販製品で摂取する
日常生活でできる風邪予防の対策といえば、「暖かくすること」や、「乾燥を防ぐこと」、「健康な食生活を心がけること」などを耳にしますが、実は「乳酸菌を摂取すること」が風邪予防に効くことを知っていましたか?今回は、乳酸菌の中でも“ヤクルト”でおなじみの「シロタ株」に注目し、なぜ乳酸菌が風邪に効くのか?「シロタ株」ってどんな乳酸菌?という疑問を解明していきたいと思います。「乳酸菌が風邪に効く」のはなぜ?例えば、体が弱っていたり、忙しくて疲れている時に風邪を引いてしまったりした経験はないでしょうか?それは体の「免疫機能」が落ちてしまっているから。外から体の中に入ってくるウィルスなどを撃退する「免疫機能」...
2015/04/21 21:47:21 | 市販製品で摂取する
健康に良い!と言われる「乳酸菌」。実は、乳酸菌の種類は数千にも及ぶと言われています。よくヨーグルトなどの製品で目にする「○○菌」「○○株」というのは全て乳酸菌の種類で、それぞれ持っている健康効果が違うのです。しかし、「どの種類の乳酸菌にどんな効果があるのかよくわからない」という人も多いのではないでしょうか?今回は、免疫機能を高める効果があるという「1073R-1乳酸菌」の健康効果について調べてみました。「1073R-1乳酸菌」ってどんな乳酸菌なの?「1073R-1乳酸菌」は、体内の「ナチュラルキラー細胞(以下、NK細胞)」を活性化させるという効果が実証されている乳酸菌です。体の中へ入ってきたウ...
2015/04/21 21:45:21 | 市販製品で摂取する
季節の変わり目に引きやすい「風邪」。よく聞くのが、「すぐ風邪を引いてしまう」という人と「あまり風邪を引いたことがない」という人。この違いは一体どのようなポイントなのでしょうか?ヒトの体には、外から入ってきたウィルスを外に出す「免疫機能」という機能があります。この免疫機能が高いと、風邪をはじめとしたウィルスに対して負けない、強い体となります。免疫力を高めるには、「健康的な生活」、「適度な運動」、「ストレスの軽減」などがよく聞かれますが、それらに加え、「乳酸菌の摂取」が効果的なのです。「あまり風邪を引いたことがない」という人の秘密は、実は食生活にあるのかもしれません。免疫を高めるにはなぜ「乳酸菌」...
2015/04/21 21:42:21 | 市販製品で摂取する
「ウチの子、しょっちゅう風邪を引いてる気がする……」、「いつもすぐに熱を出していて心配……」そんなことを思っているお母さんは多いのではないでしょうか。悪い菌やウィルスにも負けない、体の強い子になって欲しい、そんなお母さんたちにお勧めなのが、おなじみの「ヤクルト」です。では、なぜ「ヤクルト」が健康な体を作るのに良いのでしょうか?「免疫機能」と「ヤクルト」の関係について調べてみました。子供の「免疫機能」はどうやって育つの?生まれたての赤ちゃんは無菌状態で生まれてきます。外の悪い菌やウィルスなどはまったく知らない状態です。ここから菌やウィルスに負けない身体を作るため、外の空気に触れたり、友だちと遊ん...
2015/04/21 21:39:21 | 市販製品で摂取する
下痢の症状で病院にかかると処方される医薬品「ビオフェルミン」。「新ビオフェルミンS」という名前の商品も市販されていますね。実はこのビオフェルミン、下痢の時だけに効く薬ではありません。飲み続けることで、風邪の予防にもなることを知っていましたか?今回は、そんな「ビオフェルミン」と「風邪予防」の関係について調べてみました。「ビオフェルミン」ってどんな薬なの?そもそも「ビオフェルミン」は腸の調子を整えてくれる薬なのは知っていても、その正体は何なのか、みなさん知っていますか?答えは「乳酸菌」です。ビオフェルミンは、ビフィズス菌がメインに配合されている副作用の少ない薬なのです。腸の仕組みからみる「乳酸菌」...